矯正歯科Q&A

ホーム > 矯正歯科Q&A

矯正医が矯正治療に関する「よくあるご質問」にお答えします

「歯並びが気になるけれど、本当に治療が必要かわからない……」 「大人になっても矯正治療って受けられるの? もう遅い?」

歯並びや矯正治療について関心が高まるにつれ、治療に関するお悩みや疑問がでてくるのではないでしょうか? 矯正には長い期間がかかり、治療費も高額になりがちですので、矯正歯科選びには慎重になってしまうものです。

ここでは、神奈川県川崎市の矯正専門歯科医院である「いしかわ矯正歯科」に多く寄せられている「矯正治療についてのよくあるご質問」にQ&A形式でお答えします。ご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

矯正治療よくあるご質問

Q:歯並びの「よい」「わるい」を自分で見分けるにはどうしたらいいですか?

A

簡単な方法をひとつ、ご紹介します。人差し指を鼻の頭から顎に渡してかけるようにしてみてください。唇が人差し指の少し内側にあれば、それがあなたの理想の口元の位置です。これは、専門用語でEラインと呼ばれています。この方法でわかるのはあくまでも目安で、細かな部分については専門家の診断が必要です。気になることがあるなら、お気軽に当院へご相談ください。
Q:「滑舌が悪い」「聞き取りにくい」とよく言われますが、歯並びが原因でしょうか?

A

必ずしも歯並びだけが原因となるわけではありません。しかし、咬み合わせの不具合によって語尾がはっきりしなかったり、声がこもったりすることがあります。息漏れで聞き取りにくい発音になっているなら、矯正治療で改善が期待できます。
Q:歯並びや噛み合わせが肩こりの原因になっていると言われました。本当ですか?

A

すべての肩こりに当てはまるというわけではありませんが、噛み合わせが肩こりの原因になることは十分に考えられます。歯並びや噛み合わせの不具合を避けるために片側でばかり咬む癖がつくと、咀嚼に使う筋肉が影響を受け、身体全体の筋力や骨格のバランスが崩れてしまいます。そうしたことから、肩こり、腰痛、視力や集中力の低下などの不調を招く恐れがあるのです。歯並びを改善することで、こういった身体の不調が解消されたという例も少なからずあります。
Q:矯正治療を始めるのはいつがベストですか?

A

早ければ早いほどいいのは事実です。ただし、患者さんのご都合もあることでしょうから、当院ではそれぞれの方の都合に合わせて、ベストな治療スケジュールをご提案します。お子さんの場合は、歯や顎の成長具合をみて、乳歯の時期に始めるか、生え変わり時期に始めるかを検討します。
Q:歯並びが乱れるのは遺伝ですか?

A

遺伝がひとつの要因になっていることは確かですが、それだけではありません。顎の成長時期に行っていた指しゃぶりや爪噛み、舌癖や頬杖などの癖によって歯並びが悪くなるケースもあります。
Q:矯正治療にかかる期間は?

A

患者さんの歯並びによって大きく異なります。1本だけ動かす場合、全体的に動かす場合などによっても異なります。また、症状によっても治療方法が異なりますので、治療期間が変わります。平均では、およそ1年半から2年半の患者さんが多い傾向にあります。
Q:歯並びが虫歯になりやすくしているって本当?

A

はい、本当です。歯並びが悪くなっている部分があると、そこに歯ブラシが届きにくくなり、汚れを落としにくくなります。そのため、虫歯だけでなく歯周病の病原菌が棲息する歯垢がたまり、お口の病気になりやすいのです。
Q:矯正治療の費用が高いのはどうしてですか?

A

矯正治療は、顎変形症などの特殊な症例以外では、健康保険が適用されません。そのため全額自己負担となってしまうケースが多いのです。症状にもよりますが60~90万、難易度が高い治療では100万円以上かかることがあります。

当院では、患者さんが治療をご希望されている段階から、総費用の目安をお見積もりでご提示いたします。しっかり相談したうえで、できるだけ無理のない計画を立てて治療を開始しましょう。
Q:矯正治療に痛みはありますか?

A

歯を動かしますので、多少の痛みはあります。しかし、過度の負担をかけるものではないので、生活に支障が出るほどの痛みではありません。
Q:矯正治療が終わったあとも通院は必要ですか?

A

矯正治療に限らず、歯科治療全般において、治療後は定期検診などで歯科医院へ通うことが大切です。お口の状態を維持し、病気の早期発見・早期治療が可能となるからです。身体の健康診断を受けるように、お口の健康診断も定期的に受けるようにしましょう。

矯正歯科治療のよくある質問を動画にしました

患者さんからいただく疑問や不安に対してお応えする動画を作成しました。動画内の選択肢をクリックして知りたい内容がご確認できます。ぜひご覧ください。

矯正治療のリスク一覧

矯正治療を成功させるために

矯正治療は矯正の知識と患者さんの協力により、良い結果を生むことができます。身体の治療と同じようにいくつかのリスクおよび限界があることを、知っておかなければなりません。

  1. 歯痛
    装置装着後、約3~11日間歯痛を感じることがありますが、心配はありません。必要があれば痛み止めのお薬を用意してありますのでお申し出下さい。
  2. 虫歯、歯周病、歯の脱灰
    治療期間中歯磨はきちんと行って下さい。甘いものやスナックなどの間食はできるだけ避けた方が良いでしょう。歯垢が25時間以上付着していると歯の表面が溶けて白濁したり、虫歯、歯肉炎、歯周炎をおこすことがあります。
  3. 口内炎
    頬粘膜、口唇、舌等にできることがあります。必要があればお薬を用意してあります。
  4. 発音障害
    特に裏側から治療する場合、サ行、ラ行、タ行が話しにくくなりますが、約1ヶ月ほどで慣れます。
  5. 歯肉退縮
    まれに、骨が薄い、骨がない場合、治療中に歯肉が下がり、歯根が露出することがあります。
  6. 歯髄炎
    歯の移動中にさまざまな原因により、まれに歯の神経が痛むことがあります。
  7. 歯根吸収
    治療中、歯根が短くなることがありまsぐあ、健康な条件下でおこる場合、何の障害もありません。
  8. 歯の動き
    骨性癒着(骨と歯がくっついている)、根が曲がった歯、短根歯(根が短い)は動かせないこともあります。
  9. 顎関節症
    潜在的な賞状がある場合、治療中に開口障害、疼痛、筋肉のこわ張り等が生じることがあります。このような場合には申し出て下さい。
  10. 外科処置
    上下の骨のズレ、あるいは成長に伴う顎骨の不調和や、治療中の協力が得られない場合には、矯正治療のみでは治療不可能なので、外科処置を併用することがあります。
  11. 後戻り
    歯は治療後、元の位置に戻ろうとする傾向があります。そのため、装置除去後、ポジショナーやリテーナーを装着し、後戻りを最小限に抑えます。また、後戻りに対し便宜をはかることもあります(オーバーコレクト)。また、親知らずは後戻りの原因の一つとなるので、早めに抜く場合があります。

治療期間の延長もしくは、治療計画の変更をしなければならないことがあります。

その他、治療に関して歯科医師及び衛生士の指示を守って下さい。