矯正装置の種類

ホーム > 矯正装置の種類

取り扱い矯正装置のご紹介

いしかわ矯正歯科が治療に使う矯正装置をご紹介します。

ブラケット

ブラケットとは、歯に直接接着される器具のことです。
いろんな素材があり、それぞれ特徴が異なります。

セラミック製や、透明プラスチックのブラケット

少し前まで一般的だった金属製のブラケットと比較して、透明なプラスチックやセラミック(白い陶器)でできているため装置が目立たないのが特徴です。金属製ブラケットほどの耐久性はありませんが、通常の使用には問題はなく、現在矯正治療の主流な装置として小児矯正歯科でも使われています。

リンガルブラケット

リンガルブラケットは歯の裏側に装着するのが特徴です。“見えない矯正装置”として、成人の矯正治療では接客や人前に出る仕事をする人や女性に人気があります。子供でも、人の目や見た目に敏感な女の子によく選ばれています。

治療期間や矯正効果は金属製や透明プラスチック・セラミック製のブラケットと変わりませんが、歯磨きが多少難しくなるので虫歯にならないよう注意が必要です。

金属製ブラケット

もっとも一般的な矯正装置で、非常に耐久性が高く、変形やすり減りの心配がないのが特徴です。針金を使うため目立ちやすくなりますが、非常に精密に作られているため歯の動きを細かくコントロールすることができます。

セルフライゲーションブラケット装置

セルフライゲーションブラケット装置は従来の装置と機構が異なり、摩擦が少ないため締め付けや痛みが少ない上に、歯の移動も若干早いのが特徴です。

取り外し可能な矯正装置

食事や歯磨きのときには自由に取り外せるため、ガムを噛んではいけないなど食生活の制限は一切なく、歯茎などの歯周組織をより健康な状態で維持することができます。歯磨きをする際、同時に装置のクリーニングもできるので清潔な状態を保つことができます。

マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置(インビザライン)

マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置(インビザライン)とは、マウスピースのような形をした取り外しができる矯正装置です。歯に装着して針金を使って歯を動かす従来の装置とはまったく異なるもので、装着時の見た目が目立たないこともあり、近年人気が高まってきています。
金属アレルギーで金属製ブラケットが装着できない場合にもおすすめです。

プレート型

夜寝ている時だけ使う取り外し可能な装置です。
夜だけの使用でよいため、日中学校や外で使う必要はありません。

バイオネーター・FKO

バイオネーターやFKOは、永久歯が生え変わるまであごの成長を誘導する取り外し矯正装置です。取り外し可能な「機能的矯正装置」といわれています。主に、上下のあごのバランスが悪い、成長がまだ見込める子供に用います。あごの成長を誘導することはさほど簡単なことではないので、1日10時間程度の着用が望ましいです。学校では外した状態で通い、帰ったらすぐに装着するのがよいでしょう。